ひかりフラワーのブログBlog

11月後半の営業について

いつもひかりフラワーをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
気温が下がってきて、紅葉も少しずつ始まってきました。
秋冬の草花も増えてきて、お店も華やかになりました。

ありがたいことに、沢山のお客様から営業日についてのお問合せをいただいておりますが、新型コロナウイルス感染拡大防止を考慮し、11月後半も引き続き営業日を縮小して営業させていただきます。

またお伝えしてあります通り、今年はバラ苗の需要が高く、例年よりも秋苗は少なめです。
秋苗が完売の場合は、来年1月より入荷する大苗のご予約をご利用ください。
大苗のご予約は12月20日(日)の17:00までですので、お早めにお申込みください。

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

東京競馬場 × HIKARI FLOWER 11/7より公開

11/1の天皇賞が終わり、東京競馬場では11/29(日)に開催されるジャパンカップに向けての準備が始まっています。
今回も弊社のデザインを採用していただき、11/7より一般の方にお披露目されます。

デザインのタイトルは
『幸運を運ぶ青い亀甲柄 The fortune luck Blue-Honeycomb-Structure 』
海外の方々にも楽しんでいただけるような日本の伝統模様。
縁起のいい亀甲柄を取り入れ、日本競馬の中心となる東京競馬場が海外からも注目され、また繁栄し続けることを願う気持ちをデザインに込めました。

今回はパドックの植栽とフェンスデザインのほかに、
馬主様専用スペースの寄せ植えも担当させていただきました。

伝統ある東京競馬場を華やかにしたいという私たちひかりフラワーと競馬場の方々の熱い思いが実り、先日無事にパドックの一部の装飾が完了しました。

今回はタイトなスケジュールという事もあり、ほかの業者の方々も加わって各担当エリアでそれぞれの個性が発揮されています。
11/29(日)のジャパンカップに向けて、より一層東京競馬場のパドックと競走馬を盛り上げていけたらと思っています。

六角形のデザインは、ひかりフラワーでは長年使用しているスタンダードなデザインです。
今回の亀甲柄のデザインの採用を受けて、ひかりフラワー内のガーデンにも六角形の3Dプランターを復活させました。約5年ぶりのお披露目となります。
少し飽きてきたこのデザインも、久しぶりに復活するとまた愛着が。
冬の草花と球根を植えて・・・皆様にも幸せが訪れますように。

東京競馬場 × HIKARI FLOWER 天皇賞のデザイン

11月1日、東京競馬場では天皇賞が開催されます。
今回植栽デザインコンペに採用され、レース前に競争馬が巡回するパドックエリアにおいての植栽デザイン、及びデコレーションの施工をさせて頂きました。
伝統ある東京競馬場を華やかにしたいという私たちひかりフラワーと競馬場の方々の熱い思いが実り、先日無事天皇賞の植栽と装飾が完了しました。

デザインのタイトルは『悠久の喝采』
下見所全体を皇室と共にある競馬場の歴史になぞり、天皇杯を象徴する紫が植栽のベースカラーとなって、時と共に流れる永久(とこしえ)の河を表現。その中に浮島のように浮かぶ、赤く丸い植栽は華やかな舞台である東京競馬場を象徴しています。日本競馬の中心となる東京競馬場が皇室と共に人々に長く愛され、また繁栄し続けることを願う気持ちをデザインに込めました。

東京競馬場や関係者の方々をはじめ、たくさんの方々に支えていただいて完成させることができました。ご協力いただきました皆様、応援して下さった皆様に感謝申し上げます。
こちらの植栽、装飾は11/1(日)の天皇賞までとなりますが、競走馬と一緒にぜひ楽しんでみてください。

テレビ放映につきましては、JRAのホームページにてご確認ください。
パドックをご覧になる場合は、BS放送がおすすめだそうです。

  • 東京競馬場 × HIKARI FLOWER ジャパンカップのデザイン

  • 12月の営業について

  • 2021年度の大苗のご予約は12/20までです。