ひかりフラワーのブログBlog

東京競馬場 × HIKARI FLOWER 天皇賞のデザイン

11月1日、東京競馬場では天皇賞が開催されます。
今回植栽デザインコンペに採用され、レース前に競争馬が巡回するパドックエリアにおいての植栽デザイン、及びデコレーションの施工をさせて頂きました。
伝統ある東京競馬場を華やかにしたいという私たちひかりフラワーと競馬場の方々の熱い思いが実り、先日無事天皇賞の植栽と装飾が完了しました。

デザインのタイトルは『悠久の喝采』
下見所全体を皇室と共にある競馬場の歴史になぞり、天皇杯を象徴する紫が植栽のベースカラーとなって、時と共に流れる永久(とこしえ)の河を表現。その中に浮島のように浮かぶ、赤く丸い植栽は華やかな舞台である東京競馬場を象徴しています。日本競馬の中心となる東京競馬場が皇室と共に人々に長く愛され、また繁栄し続けることを願う気持ちをデザインに込めました。

東京競馬場や関係者の方々をはじめ、たくさんの方々に支えていただいて完成させることができました。ご協力いただきました皆様、応援して下さった皆様に感謝申し上げます。
こちらの植栽、装飾は11/1(日)の天皇賞までとなりますが、競走馬と一緒にぜひ楽しんでみてください。

テレビ放映につきましては、JRAのホームページにてご確認ください。
パドックをご覧になる場合は、BS放送がおすすめだそうです。

東京競馬場 × HIKARI FLOWER 10/10より公開

11月1日に天皇賞を控えた東京競馬場の植栽デザインコンペに採用され、レース前に競争馬が巡回するパドックエリアにおいての植栽デザイン、及びデコレーションの施工をさせて頂きました。
伝統ある東京競馬場を華やかにしたいという私たちひかりフラワーと競馬場の方々の熱い思いが実り、先日無事にパドックの一部の装飾が完了しました。

天皇賞の象徴である紫色を基調に、「華やかで品のある装飾」を目指して取り組んでまいりましたが、このパドックの装飾は競走馬たちのやる気にもつながるそうです。
台風の影響もあり、まだ一部のデザインしか公開されない状態ですが、これからも徐々に装飾がグレードアップし、植栽した草花もますます鮮やかに開花していく予定です。

悠久の喝采』by HIKARIFLOWER
下見所全体を皇室と共にある競馬場の歴史になぞり、天皇杯を象徴する紫が植栽のベースカラーとなって、時と共に流れる永久(とこしえ)の河を表現。その中に浮島のように浮かぶ、赤く丸い植栽は華やかな舞台である東京競馬場を象徴している。この赤い植栽部分は下見所の3つのエリアに向かって盛り上がりを見せ、植栽の前を通る競馬達の美しい毛並みを際立たせる配色となっている。日本競馬の中心となる東京競馬場が皇室と共に人々に長く愛され、また繁栄し続けることを願う気持ちがデザインに込められている。

コロナウイルスの影響で抽選に当たった一部の方のみの入場となるようですが、テレビなどでは東京競馬場のパドックの様子が放映されるようです。
皆さんもぜひ、競走馬と一緒に私たちが手掛けたパドックの様子をチェックしてみてください。
(2020年10月10日(土)~2020年11月29日(日)毎週土日放映予定)

  • 5月の営業について

  • エディブルローズの販売が始まりました。

  • スプリング ガーデン コレクション 2021 開催